J-TEA(日本組込み技術教育協会)
お問い合わせ

J-TEAの目指すところ J-TEAの活動 教育支援サービス 協会概要

日本組込み技術教育協会 TEL:045-473-2667

一般社団法人J-TEA(日本組込み技術教育協会)の目指すところ

組込みソフトウェア開発は旧態依然とした開発がまだまだ主流
 私たちJ-TEAのメンバーは、組込みソフトウェア開発にいろいろな形で長い間かかわり、その難しさを経験し、問題点や課題の克服に取り組んできました。
 そもそもソフトウェア開発、特に組込みソフトウェアは近年急激に開発需要が拡大した分野であり、機械系、電気系、化学系などの技術分野に比べ歴史的に浅く、その開発手法が十分確立され普及しているとは言い難いのが現状です。開発現場ではソフトウェア開発=コード開発と考えて、がむしゃらにコード(プログラム)を作ることのみに専念し、開発がうまく行くか否かは、個人の技量に頼るのみ、いったんつまずくとコードを書いた個人以外、どう助けることもできず、大きなトラブルに発展する例が数多く見られます。

開発現場で手法やツールを使いこなす人材の育成を支援
 このような現状を打破し、開発の効率化・高品質化をもたらすための手法として、昨今はモデルベース開発手法や、ツールの有効活用が注目されてきました。しかしながら、開発現場ではまだまだこの手法が定着しているとは言い難い状況です。
 そこで私たちJ-TEAは、この現状を打破し、開発現場の効率化・高品質化をもたらすためには先ず「人材の育成」と考え、次のような点を強く打ち出した開発現場の方々へのトレーニングを出発点として、組込みソフトウェア開発現場を改革するきっかけ作りをお手伝いし、社会に貢献していきたいと思っております。
 1.ソフトウェア上流工程を重視したモデルベース開発手法を習得するトレーニング
 2.ソフトウェア開発ツールを使いこなすトレーニング
 3.実際の開発現場を想定したプロジェクトベースの教育(PBL)を中心とする実践トレーニング

組込み教育のネットワークづくりを推進
 J-TEAはあらゆる企業における組込み技術者の人材育成をお手伝いします。また、人材を供給する教育機関には企業が必要とするカリキュラムの実現をお手伝いいたします。これらを実現するために組込み教育のネットワークづくりを推進して参ります。
 最後に、このようなトレーニングの提供と共に、その会社の経営層に対し、前述のような開発手法やツールの積極導入活用が、開発の効率化・高品質化のために重要であり、経営的なトラブルリスクを避けるためにも有効な手段であることを、機会あるごとに訴えていきたいと思います。